2012年02月02日

ラファール②

引き続きラファールです。一体どれくらい続くかね?

ラファールの型式は空軍向け単座のC型、複座のB型、そして海軍向けの単座M型の3種類が存在し、世界で初めて開発段階で空・海軍が同じフレームを使う戦闘機となった。MとB・C型で違うのはランディングギアとアレスティングフックとフレームの一部でそれ以外は同じ物である。






(ラファールM)
ラファールのコックピットは完全なグラスコックピットとなっており3基の大型モニターとHUDで構成されている。現用機の中でも最も進んだ物となっている。ラファールのモニターはタッチパネルとなっておりスイッチ類がなくなっているのも特徴である。






ラファールは完全なセンサー融合が行なわれている機体でもあり、高い状況認識能力を有している。目標に対して、赤外線・レーダー・レーザー等のセンサーで集められた情報を機体で咀嚼し、パイロットに状況に応じて最適な伝達をするようになっている。又ラファールにはFSOと呼ばれる光学センサーが搭載されており、空対空・空対地両方に使用することができ、空対空ではレーダーの補完と増強を行なう。対地に置いては、赤外線監視・追跡、レーザー測距が可能で長低空飛行時に役立つ。(丸い方が赤外線センサー、四角いのがレーザー測距・結合型TV)。更には、スペクトラ電子戦装置が搭載されており、レーダーやレーザー、赤外線の警報装置と連動しており機体の各所にアンテナが配置されており全周に渡って警戒が可能になっている。スペクトラ電子戦装置は、敵機のレーダー波わ感知するとレーダー波の波長を解析し、逆層波の電波を発信しレーダー波をかき消すアクティブステルス機能を有し、更には特定(指定)方向に強力な妨害電波を発する事も可能である。





③にツヅーク






同じカテゴリー(戦闘機)の記事画像
ラファール⑤
ラファール④
ラファール③
ラファール!!
同じカテゴリー(戦闘機)の記事
 ラファール⑤ (2012-02-13 21:07)
 ラファール④ (2012-02-06 22:52)
 ラファール③ (2012-02-03 21:30)
 ラファール!! (2012-02-01 21:40)

Posted by G3フリーク  at 21:30 │Comments(0)戦闘機

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。