2012年11月15日

一角獣の軌跡

かんたんさ…
人には希望を…
男には勇気を…
女には愛を…
子どもたちには未来を…
老人たちには安らぎを…

俺たちみたいなカラスどもには
鉛の弾を…与えているのさ…

こんなカッコイイ台詞が出てくる、ソッチ系マンガの名作エリア88。個人的にはどのマンガよりも好きですハィ。先月ドラゴンから1/144 X-29Aがやっと発売になったので勢い余って2個買ってしまいました。で、ローズリッジさんから発売していた1/144用シン・カザマコレクションデカールを購入し、しまって有ったのでココで投入。





で、完成したのがコチラ








見ようによっちゃ、F-22やF-35よりも最新鋭に見えそうな奇抜なフォルム。アメリカは前進翼を諦めるためにコレを作ったって噂がありますね。当時としてはメリットよりもデメリットが目立ったんでしょうかね?

Posted by G3フリーク  at 21:08 │Comments(4)

この記事へのコメント
おお!懐かしいですねぇ。
また読みたくなったけど・・・さて、どこに仕舞ったかな・・・。(^_^;
Posted by delideli at 2012年11月15日 23:29
>deliさん
いざとなったら愛蔵版を購入って事でw
Posted by G3フリーク at 2012年11月16日 13:15
懐かしいねえ
Posted by 山中 at 2012年11月20日 14:09
お邪魔します(^_^)ゞ
一時期エスコンにドップリ浸かっていたので前進翼は無性に惹かれます!
エリア88…ファンの方には非常に申し訳ないのですが、古本屋で飛び飛びにしか読めておりません(;л;)
ド素人考えですが、開発方針をドッグファイトに強い一機よりステルス性能の向上に向かってしまったんですかねぇ…(´д`)


空戦エースはな~んだか憧れてしまいます(´`人)
Posted by 犬 at 2012年11月22日 00:48
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。